サイトマップ
トップへ
お問合せ
新着情報全国の税理士会掲示板各種制度紹介よくあるご質問関連リンク
新着情報
2009/03/10
平成21年度「官民パートナーシップ確立のための支援事業」の公募について(内閣府NPOホームページ)
内閣府は、NPOと地方公共団体のパートナーシップ確立のための基盤形成を目的とし、平成21年度「官民パートナーシップ確立のための支援事業」を実施することとし、当該事業実施団体を公募しております。

【事業実施団体】
特定非営利活動法人及び市民活動を行う任意団体
※当該事業に係る申請書類の提出及び内閣府との連絡調整については、地方公共団体が行うものとします。

当該支援事業は、平成21年度官民パートナーシップ確立のための支援事業実施要領に基づきます。
実施要領、申請についての詳細等は、下記URLをご参照ください。

なお、公募期間は、3月16日(月)から3月31日(火)17:00(必着)となっております。
2009/03/09
平成21年度政治資金監査に関する研修の開催について(総務省政治資金適正化委員会)
総務省政治資金適正化委員会では、登録政治資金監査人名簿に登録した者を対象に研修を行っております。

↓に研修の概要及び日時・会場の案内がありますので、ご参照ください。
2009/02/17
かいけつサポート第19号-第26号の認証について(かいけつサポート)
平成21年1月19日付、かいけつサポート第25号「静岡県司法書士会(静岡県司法書士会調停センターふらっと)」
及び
平成21年1月20日付、かいけつサポート第26号「滋賀県司法書士会(滋賀県司法書士会調停センター[愛称:和(なごみ)])」が認証されました。

また、かいけつサポート第19号から第24号として下記団体が認証されています。

平成20年9月22日
かいけつサポート第19号
「社団法人日本産業カウンセラー協会(ADRセンター)」

平成20年9月24日
かいけつサポート第20号
「兵庫県弁護士会(兵庫県弁護士会紛争解決センター)」

平成20年10月29日
かいけつサポート第21号
「事業再生実務家協会」

平成20年12月10日
かいけつサポート第22号
「東京司法書士会(東京司法書士会調停センター)」

平成20年12月24日
かいけつサポート第23号
「特定非営利活動法人福岡マンション管理組合連合会(マンション問題解決センター)」

平成20年12月26日
かいけつサポート第24号
「沖縄県社会保険労務士会(社労士会労働紛争解決センター沖縄)」

2009/02/17
平成21年度政治資金監査に関する研修について(総務省)
平成21年度の政治資金監査に関する研修の日程及び内容等が、公表されています。

【参照】平成21年度 政治資金監査に関する研修について(総務省)
http://www.soumu.go.jp/menu_03/shingi_kenkyu/seiji_tekisei/pdf/seiji_shikin_kansa_h21.pdf

現時点で決定している開催地は、東京会場及び大阪会場のみですが、そのほか、
平成21年5月‐7月に札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、横浜市、新潟市、長野市、
静岡市、名古屋市、広島市、福岡市、鹿児島市、那覇市
で開催予定とのことです。

また、当該研修の申込みについては、平成21年3月までに政治資金適正化委員会から
登録政治資金監査人名簿に登録した登録政治資金監査人に対して文書により通知されますので、
その際に同封の申込書によりお申し込みください。
2009/02/03
少額領収書等の写しの開示請求に係る意見募集が行われています(総務省政治資金適正化委員会)。
平成22年2月3日付で、総務省政治資金適正化委員会では、2月4日(木)-3月5日(金)までの期間に、「少額領収書等の写しの開示請求が権利の濫用又は公の秩序若しくは善良の風俗に反すると認められる場合の具体的な指針(案)」に対する意見募集をおこなっております。

当該意見募集の背景は、「政治資金規正法の一部を改正する法律(平成19年法律第135号)の施行により、国会議員関係政治団体の収支報告の特例が創設され、国会議員関係政治団体については、何人でも収支報告書の要旨公表日から3年間、人件費以外の経費で1件1万円以下の支出に係る領収書等の写し(以下「少額領収書等の写し」という。)について、総務大臣又は各都道府県選挙管理委員会に対し開示請求をすることができることとされました。
 この少額領収書等の写しの開示請求については、政治資金規正法第19条の16第12項の規定により、権利の濫用又は公の秩序若しくは善良の風俗に反すると認められる場合に該当するときは不開示決定をすることとされており、その具体的な指針については、同法第19条の30第1項第6号の規定により、政治資金適正化委員会において定めることとされました。」とされています。

詳細はこちらをご覧ください↓

Back │ 1 │ 2 │ 3 │ 4 │ 5 │ 6 │ 7 │ 8 │ 9 │ 10 │ 11 │ 12 │ 13 │ 14 │ 15 │ 16 │ 17 │ 18 │ 19 │ 20 │ 21 │ 22 │ 23 │ 24 │ 25 │ 26 │ 27 │ 28 │ 29 │ 30 │ 31 │ 32 │ 33 │ 34 │ 35 │ 36 │ 37 │ 38 │ 39 │ 40 │ 41 │ 42 │ 43 │ 44 │ 45 │ 46 │ 47 │ 48 │ 49 │ 50 │ 51 │ NextNext
Copyright (C) Japan Federation of Certified Public Tax Accountants' Associations